縦式ヘルプ

縦式のヘルプページを作成中です。

 

最終更新日:2020.8.31

Copyright (C) 2010-2020 KAZUYUKI MITSUI.

2020年8月31日 (月)

ツイッターへの画像投稿について

はじめに

 縦式はテキスト画面で作成した文章を出力設定画面からA5サイズの2段組やA6サイズの文庫本の用紙を使って、画像としてツイッターへ投稿することができます。

 

画像投稿

 ツイッターの画像投稿は画像枚数が4枚までの制限があります。縦式で作成する画像を最大で4枚になるように、出力設定画面の画像設定の「最大画像枚数」を4に設定してください。また、画像設定ではテキストの色や背景の色を変更できます。

 

 

画像の解像度

 投稿時の画像の解像度は350dpiか、160dpiをお使いください。とくにA5サイズなどで画像サイズが大きすぎる時は160dpiにするとサイズが小さくなります。

 

飾り線(App 内課金)

 画像作成時に飾り線を使うことができます。飾り線は画像の上端と下端に付けることができます。

Decorativelinesample

 

最終更新日:2020.8.31

Copyright (C) 2010-2020 KAZUYUKI MITSUI.

2020年7月30日 (木)

本のレイアウトを縦式で真似るための方法について

はじめに

 縦式の出力設定画面は設定項目が多くて難しく思うかも知れませんが、いくつかポイントを押さえると文庫本やA5用紙2段組などのいろいろな本のレイアウトを真似ることができます。ここでは本のレイアウトを真似るための方法について解説します。

 

Photo_20200730121701

 

1)用紙サイズを確認する。

 最初に本の用紙サイズを決めます。文庫本ならA6用紙、新書判ならB40用紙、2段組にしたいのならA5やB5、B6用紙になります。縦式の出力設定画面の用紙設定で該当する用紙を設定します。

ヒント:縦式の用紙には縦書き用紙と横書き用紙があるので、用紙を選ぶ時に間違わないようにしてください。

 

2)1行の文字数と1ページの行数や1段の行数を確認する。

 参考にしたい本のレイアウトから1行文字数と1ページの行数、2段組なら1段の行数を確認して、出力設定画面のレイアウト設定の同じ項目に設定します。

 

3)フォントを決める。

 出力設定画面のレイアウト設定で使いたいフォントを設定します。

 

4)仮のフォントサイズと行間を決める。

 フォントサイズと行間は参考にしたい本を見ても数値がわからないので、とりあえず仮のフォントサイズと行間を決めてください。難しければ縦式の初期値のままで構いません。数値は後で調整します。

 

5)上余白(天)、下余白(地)のサイズを確認する。

 おおまかな数値でもいいので上余白(天)、下余白(地)のサイズを定規で測るなどして出力設定画面のレイアウト設定の同じ項目に設定します。

 

6)内側余白(ノド)、外側余白(小口)のサイズを確認する。

 外側余白(小口)のサイズは、上余白(天)、下余白(地)のサイズと同じように定規で測るなどして数値を決めます。内側余白(ノド)のサイズは、ページ数や印刷する時の紙質(厚さ)によっても異なるので、参考にしたい本の数値をそのまま使うことはできませんから、外側余白(小口)のサイズより薄い本なら2、3mm、厚い本なら4、5mm大きめにして仮の値を決めてください。

 

7)フォントサイズと行間を調整する。

 出力設定画面のレイアウト設定に現在のレイアウト設定でのサイズ(画像の赤の点線枠)が表示されているので確認してください。そのサイズと実際の用紙のサイズの数値を比べながら、フォントサイズと行間の数値を増減させます。行間はフォントサイズの半分の値かそれよりも少し大きめにすると読みやすくなります。フォントサイズと行間の数値を増減するとレイアウト設定でのサイズ(画像の赤の点線枠)の数値が変わります。レイアウト設定でのサイズが用紙のサイズより大きくなると数値の色が赤くなるので、その時は必要に応じてフォントサイズや行間の数値を小さくしてください。

ヒント:サイズが僅かに大きくなっている時も数値の色が赤くなります。1mm程度の大きさならそのままにして縦式の自動調整機能に任せても構いません。縦式は余白や段間の値を自動で調整して用紙サイズに収まるようにしています。

 

8)本を印刷する時の内側余白(ノド)のサイズ調整について。

 本を印刷する時の内側余白(ノド)のサイズは、ページ数や紙質に影響されるので数値を決めるのに悩むと思います。縦式は出力設定画面のレイアウト設定の各数値と用紙サイズから内側余白(ノド)のサイズを自動で調整するので、外側余白(小口)のサイズより薄い本なら2、3mm、厚い本なら4、5mm大きめにしておくとほぼほぼ大丈夫です。また、ノドのサイズは印刷所に問い合わせてみるのもありです。紙質の影響などは印刷所でないとわかりませんから。

 

補足)ツイッターなどに画像で投稿する時は、内側余白(ノド)、外側余白(小口)を均等にする。

 出力設定画面の画像設定の「ノドと小口を均等にする」をオンにすると自動で内側余白(ノド)、外側余白(小口)を均等にした画像を作成します。レイアウト設定を変えずに投稿用の画像を作成する時にだけノドと小口を均等の数値にしたい時にお使いください。

 

終わりに

 縦式は字詰めを行わない代わりに余白の数値を設定した値から自動で調整しています。出力設定画面のレイアウト設定の現在のレイアウト設定でのサイズ(画像の赤の点線枠)の数値が赤色の時は余白が調整されて実際の数値より小さくなります。逆に数値の色が通常の黒色の時は余白が実際の数値より大きくなります。詳しくは出力設定画面の用紙サイズと設定値の関係の計算式に記載しています。

 

 

最終更新日:2020.7.30

Copyright (C) 2010-2020 KAZUYUKI MITSUI.

«縦式の使い方を紹介して頂いているおすすめサイトのまとめ