« 出力設定画面 | トップページ | 出力設定オプションについて »

2019年10月16日 (水)

挿絵について

挿絵

縦式では1頁か1段サイズの挿絵に対応しています。挿絵の画像形式はJPEGかPNGです。拡張子は.jpg、.pngになります。なお色味についての保証はしていません。PDF/X-1aなどのPDF/X対応はしていませんのでご注意ください。

 

・代替画像

本文の執筆中に挿絵が完成していない時は代替画像が使えます。代替画像を使うと挿絵が無くてもレイアウトや画像サイズを確認することができます。挿絵が完成したら代替画像と差し替えます。

 

・塗り足しと挿絵のサイズ

塗り足しを指定すると代替画像で表示されるサイズも塗り足しを含めたサイズになります。作成する挿絵の画像サイズの目安になります。また解像度はカラーなら350dpi、グレースケールなら600dpiで作成するのが一般的です。下記のPDF画像はA6用紙 文庫本 105mmx148mmで塗り足しを3mmにした時の例です。

Af97jugwnc

 

・挿絵が入るページ位置

本文に挿絵を入れた行(「絵」と表示)と、PDFにした時に挿絵が入る位置は異なる事があります。PDF作成のレイアウトをした時に、本文の挿絵の行がレイアウトしたページ(頁)の途中や段の途中になった時は、次のページ(頁)か次の段になるまで挿入されません。

Img_0075

 

・ページ番号、隠しノンブルについて

縦式では挿絵にページ番号、隠しノンブルは振りません。必要な場合は画像系のアプリなどを使って、挿絵画像に入れてください。

 

・既存の画像ファイルを挿絵に使う

既にあるイラストなどの画像ファイルを挿絵に使うには、使用する用紙のサイズと画像のサイズの縦横比を合わせてください。縦横比が異なると画像が用紙のサイズに合わせて拡大縮小されます。なお、塗り足しを含めた正確な画像サイズは代替画像を使うことで確認できます。

 

最終更新日:2020.9.15

Copyright (C) 2010-2020 KAZUYUKI MITSUI.

« 出力設定画面 | トップページ | 出力設定オプションについて »

縦式ヘルプ」カテゴリの記事