« 出力設定オプションについて | トップページ | アップグレード 2.0アドオンについて(ファイルメニューについて) »

2019年10月19日 (土)

縦式が作成、編集するファイルと出力するファイルについて

縦式が作成、編集するファイル

縦式はプレーンなテキストファイルを作成するテキストエディタです。作成したテキストファイルと出力したPDFファイルを混同してしまう方が少なからず居りますが、縦式はテキストファイルを作成、編集するアプリだとご理解ください。テキストファイルは最初の画面に選択可能なファイルアイコンで表示されます。また、+アイコンをタップして新規のテキストファイルを作ることもできます。

ヒント:最初の画面にグレーで表示されるファイルは縦式が開けないファイルです。例えばPDFファイルや画像ファイルはグレーで表示されます。

タップしてテキストファイルを開くとテキスト画面にテキストの内容が表示されます。テキスト画面でテキストを編集して、そのテキスト画面を閉じると編集内容をテキストファイルに保存して最初の画面に戻ります。

 

テキストファイルの文字コード

縦式が作成するテキストファイルは文字コードがUTF-8になります。他にもShift JISのファイルなら開くことができます。

 

縦式が出力するファイル

縦式はテキストファイルの内容を、出力設定画面でレイアウトやその他のパラメータを設定して、PDFファイルや画像ファイルとして出力、保存することができます。保存したPDFファイルや画像ファイルは、OSのファイルアプリで開いて確認したり、PDFや画像に対応した他のアプリで開くことができます。

 

ファイルと拡張子

テキストファイルや、PDFファイル、画像ファイルにはファイルの種類を区別する拡張子が付いています。ファイルの種類と拡張子を確認するには、最初の画面でそのファイルアイコンを長押しで離すと表示される操作メニューの「情報」をタップします。

Zwlu1q0053

 

ファイル名を変更する

最初の画面ではテキストファイルの名前は変更することができます。最初の画面でそのファイルアイコンを長押しで離すと表示される操作メニューの「名称変更」をタップします。

 

最終更新日:2019.10.19

Copyright (C) 2010-2019 KAZUYUKI MITSUI.

« 出力設定オプションについて | トップページ | アップグレード 2.0アドオンについて(ファイルメニューについて) »

縦式ヘルプ」カテゴリの記事