« BluetoothやSmartキーボードの操作 | トップページ | 出力設定画面 »

2019年10月14日 (月)

設定画面

設定画面の各項目

 設定画面の各項目について説明します。

ヒント:ファイル毎に設定可能なパラメーターはテキスト画面のファイルメニューのテキスト設定で行います。設定画面は新規のテキストファイルの初期値になります。既存のファイルはファイルメニューのテキスト設定を使ってください。

 

編集設定

 テキスト画面で編集する時の各パラメータを指定します。

 

・書き方

 テキストを縦書きにするか、横書きにするかを指定します。

 

・1行文字数

 テキストを編集する時の1行の文字数を指定します。

ヒント:ソフトウェアキーボードを表示する時の1行文字数はキーボード設定で指定します。

 

・1ページの行数

 テキストを編集する時の1ページの行数を指定します。

ヒント:ソフトウェアキーボードを表示する時の1ページの行数はキーボード設定で指定します。

 

・フォント

 テキストを編集する時のフォントを指定します。

ヒント:フォントサイズは1行文字数、1ページの行数と画面サイズから自動で計算します。

 

・行間スケール

 テキストを編集する時の行間をフォントの大きさに対する比率で指定します。

 

・フィットページ

 1行文字数と1ページの行数で指定したページが画面に収まるように表示します。

ヒント:ページが小さく表示される場合はフィットページをOFFにすると大きく表示できる場合があります。(例:20文字、20行の原稿用紙と同じ設定の場合。)

 

見出し

 見出しのフォントを設定します。

 

・本文と同じフォントを使う

 見出しのフォントをテキストを編集する時のフォントと同じにします。

 

・大見出し

 大見出しのフォントを指定します。

 

・中見出し

 中見出しのフォントを指定します。

 

・小見出し

 小見出しのフォントを指定します。

 

キーボード

 キーボードに関する設定をします。

 

・読み込み時に自動で字下げする

 テキストファイルを開く時に自動で字下げする時はONにします。

 

表示設定

 テキスト画面で表示する時の各パラメータを指定します。

 

・テーマ

 テキスト画面のテーマを設定します。色調整で行情報のカラー、選択範囲のカラー、けい線のカラー、キャレットのカラーを変更できます。

 

・レガシーテーマ

 iOS13やiPadOSのダークモードを使用する時にiOS12までの縦式のダークテーマ風にする場合はONにします。

 

・文字数を表示

 テキスト画面に文字数を表示します。

 

・行情報を表示

 テキスト画面に行情報の行数(番号)やセンター寄せ(セ)、見出し(大中小)、改ページ(頁丁段)、挿絵(絵)を表示します。

 

・ページ数を表示

 テキスト画面にページ数を表示します。

 

・マス目を表示

 テキスト画面にマス目を表示します。

 

・マス目の種類

 テキスト画面にマス目を表示する時の種類を指定します。

 

・キャレット点滅速度

 テキスト画面のカーソル(キャレット)の点滅速度を指定します。

 

・改行コードを表示

 テキスト画面に改行コードを表示します。

 

禁則設定

 禁則設定の各パラメータを指定します。

 

・禁則処理

 禁則処理を行う時はONにします。

 

・句読点のぶら下がり

 句読点のぶら下がりを行う時はONにします。

 

・句読点

 句読点に使う文字を並べて指定します。

ヒント:句読点のぶら下がりは行頭禁則には対応していません。行末で句読点に指定した文字が連続した時は、最初の文字がぶら下がりに使われます。

 

ユーザーフォント設定

 縦式にインストールするユーザーフォントを設定します。

 

・ユーザーフォント

 縦式にユーザーフォントをインストールする場合は、クラウドか、iPhone、iPad内のフォルダに解凍済みのフォントファイル(.ttf か .otf)を用意して、ユーザーフォントにフォントを追加します。ユーザーフォントにインストールされたフォントは編集設定のフォントで選べるようになります。但し、日本語フォントでないと選ぶことはできません。

 

保存設定

 テキスト画面で編集したテキストのカーソル位置やバックアップの保存について設定します。

 

・キャレット位置をテキストに保存する

 カーソル(キャレット)位置の情報をテキストファイルの末尾に保存して、次に開いた時に使用する場合はONにします。

ヒント:v2.0以降はこの項目がOFFでもファイル毎のカーソル(キャレット)位置の情報をアプリ内部にデータとして保存して使用しています。

 

・バックアップ

 テキスト画面で編集したテキストのバックアップファイルの一覧を表示します。

 

アドオン設定

 縦式のアドオン(App 内課金)設定をします。

 

・アドオン(App 内課金)

 縦式のアドオン(App 内課金)を購入したり、購入したアドオンの復元を行います。

 

 

ソフトウェアキーボード設定

 キーボードを使用する時の各パラメータを指定します。

 

・表示中は1行文字数を調整する

 キーボードを使用する時の1行文字数を調整する場合はONにします。

 

・調整時の1行文字数

 キーボードを使用する時の1行文字数を指定します。

 

・表示中は1ページの行数を調整する

 キーボードを使用する時の1ページの行数を調整する場合はONにします。

 

・調整時の行数

 キーボードを使用する時の1ページの行数を指定します。

 

入力アシスト設定

 キーボードで入力する時のアシスト機能の各パラメータを指定します。

 

・半角スペースを全角スペースに使う

 空白(スペース)キーを全角スペースとして使います。但しスペースを入力する直前の文字が半角の場合は半角スペースをそのまま使います。

 

・行頭入力時に自動で字下げする

 行頭入力時(コピペのペースト操作を含む)に必要なら字下げします。

 

・改行時に自動で字下げする

 改行で次の行を字下げします。

 

・字下げ数を前の行に揃える

 改行前の行の字下げ数に合わせて字下げを行います。但し改行前の行が見出しの場合は字下げ数は一字下げになります。

 

・行頭の開き括弧と一字下げの削除

 会話文の開き括弧を入力する時に行頭に一字下げがある場合はそのスペースを削除して開き括弧を入力します。

 

・閉じ括弧の補完

 会話文の開き括弧を入力すると閉じ括弧も一緒に入力されます。この時カーソル(キャレット)は括弧内になります。

 

・!?やあ”を縦中横にする

 半角の「!?」や「あ゛」などを入力すると縦中横に設定されます。

ヒント:キーボードで「!」や「?」を入力しても正しく縦中横に出来ない時は、その入力した「!」や「?」が半角の文字になっているか確認してください。誤って全角の文字を入力している場合は半角に直してください。また「あ゛」は「!」や「?」とは逆で全角の文字でないと濁点の縦中横になりません。

 

表示設定

 キーボードで文字を入力する時の表示に関する各パラメータを指定します。

 

・文字入力時のエフェクト

 キーボードで文字を入力する時にエフェクトを使う場合はONにします。エフェクトはiPhone用の項目です。

 

・入力時のレガシーモード

 キーボードで文字を入力している時はルビや傍点、縦中横を解除するモードです。

 

最終更新日:2020.06.12

Copyright (C) 2010-2020 KAZUYUKI MITSUI.

« BluetoothやSmartキーボードの操作 | トップページ | 出力設定画面 »

縦式ヘルプ」カテゴリの記事