« App 内課金について | トップページ | ページレイアウトについて(秋頃リリース予定のv3.0の機能紹介) »

2020年4月28日 (火)

機種変更や新しいiPhone、iPadに縦式のデータを移行する方法について

はじめに

 縦式で作成したデータ(テキストファイルやPDFファイル、PNGやJPEGの画像ファイル)は、iCloudなどのクラウドに保存してあるなら他のiPhoneやiPadでも同じクラウドを使うことで共有できます。ですから、クラウドを理解してお使いの場合はここに記載してある内容は不要だと思います。ここではクラウドに詳しくない方やクラウドを使っていない場合のデータの移行について説明します。

 

・iCloudなどのクラウドを使える場合の移行について。

 お使いのiPhoneやiPadでクラウドを使える場合は、移行したいデータをクラウドにコピーして他のiPhone、iPadでも同じクラウドを使えばデータを共有できます。詳しくはお使いのクラウドについてご確認ください。

 

・クラウドを使わない場合の移行について。

 クラウドを使わない場合は手間がかかりますが間接的にネットを経由する手段としてメールを使用する方法があります。作成したデータをご自分宛のメールに添付して送信します。他のiPhone、iPadでそのメールを受信すれば添付ファイルとしてデータを受け取れます。

 

・デバイスのバックアップを使う。

 デバイスのバックアップについては、こちらではサポートできないのでAppleのヘルプをご確認ください。 
iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法 
以前使っていた iOS デバイスから新しい iPhone、iPad、iPod touch にデータを転送する

 

・補足1:縦式で作成したデータのコピーやメールへの添付について

 コピーやメールへの添付については、縦式の最初の画面やiOSのファイルアプリで操作メニューの「コピー」や「共有」から行えます。詳しくは以下をご確認ください。 
縦式の各画面について
iPhone、iPad、iPod touch でファイル App を使う

 

・補足2:USBドライブを使う。

 USBドライブについては、こちらではサポートできないのでAppleのヘルプをご確認ください。
iPadの「ファイル」を使用して外部デバイスまたはサーバに接続する

 

・補足3:App 内課金について。

 App 内課金で購入したアドオンについては、他のiPhone、iPadで購入情報の復元を行えば利用できます。詳しくはApp 内課金についてをお読みください。

 

最終更新日:2020.4.28

Copyright (C) 2010-2020 KAZUYUKI MITSUI.

« App 内課金について | トップページ | ページレイアウトについて(秋頃リリース予定のv3.0の機能紹介) »

縦式ヘルプ」カテゴリの記事