2023年7月28日 (金)

豆本と正方形本について

豆本と正方形本

  豆本と正方形本の用紙は、追加用紙のアドオンを購入すると使えるようになります。なお正方形本を天側断ち落しで作る場合は、追加用紙のアドオンは必要ありません。天側断ち落しについては対応している印刷所さんなどで作り方をご確認ください。

 

Photo_20230728103401

 

最終更新日:2023.7.28

Copyright (C) 2018 KAZUYUKI MITSUI.

2022年6月28日 (火)

応募原稿やレポート、配布用のPDF作成について

はじめに

 縦式の出力設定画面には縦書きのPDFに使える「A4 原稿用紙 400字」、「A4 用紙 横向き」、「A4 用紙」「A5 用紙」、「A6 用紙 文庫本」などたくさんの用紙があります。また横書きのPDFのための「A4 用紙」「A5 用紙」、「A6 用紙 文庫本」などもあります。縦式は同じ用紙サイズでも向きや縦書きと横書きで用紙が別々になっているので用途に合わせて用紙を選んでください。詳細は出力設定画面のヘルプページをご確認ください。

 

A4 用紙 横向きの縦書き原稿について

 横向きのA4 用紙を使う時は、出力設定画面のレイアウト設定で「1行文字数」と「1ページの行数」の数値を変更することで原稿の規定に合わせることができます。上下左右の各余白はお好みに合わせて設定してください。A4 用紙 横向きの用紙は右肩綴じで左下か左上にページ番号を表示できます。

 

縦向き用紙の縦書き原稿について

 縦向きの用紙を使う時は、出力設定画面のレイアウト設定で「1行文字数」と「1ページの行数」、「段組」を変更することで原稿の規定に合わせることができます。注意点として縦式の余白(ノドや小口)は見開き用になっているので、全ページを右肩綴じにして左下にページ番号を表示するには、出力設定画面のPDF設定で「ノドと小口を均等にする」をONにして「ノドと小口の配置」を奇数に設定してください。

 

縦向き用紙の横書き原稿について

 横書き(縦向き)の 用紙を使う時は、出力設定画面のレイアウト設定で「1行文字数」と「1ページの行数」、「段組」を変更することで原稿の規定に合わせることができます。注意点として縦式の余白(ノドや小口)は見開き用になっているので、全ページを左肩綴じにして右下にページ番号を表示するには、出力設定画面のレイアウト設定で「綴じ方向」を左綴じにして、PDF設定で「ノドと小口を均等にする」をONに「ノドと小口の配置」を奇数に設定してください。

 

最終更新日:2022.7.13

Copyright (C) 2018 KAZUYUKI MITSUI.

2022年3月 8日 (火)

奥付の機能について

はじめに

 横書きのシンプルな奥付を作る時は「奥付」と「改段」、「改頁」を使います。「奥付」と「改段」、「改頁」の間に奥付に必要な情報を記載してください。罫線の─(U+2500)や━ (U+2501)を使えば線を入れることもできます。スタンプを使えばQRコードなどの画像を入れることもできます。奥付の詳細な設定は出力設定オプションで指定できます。奥付機能はv4.3.0(Mac版はv2.3.0)以降で対応しています。

ヒント:デザインを凝りたい時は、挿絵や飾り枠を使う方が簡単です。

 

A6 用紙 文庫本の例:

Image2

Image5

 

A5 用紙 二段組の例:

Image7

Image9

 

出力設定オプションの奥付設定:

Image10_20220309095501

 

最終更新日:2022.3.21

Copyright (C) 2018 KAZUYUKI MITSUI.

2022年2月15日 (火)

スタンプについて

はじめに

 スタンプは本文に挿入できる画像です。スタンプのサイズは文字数と行数で指定します。最大で10行50文字まで指定可能です。

ヒント:ページ全体やページ内の任意の位置に画像を使いたい時は、挿絵や飾り枠の機能をお使いください。

 

スタンプの管理

スタンプの登録、管理は設定画面のスタンプ設定から行います。Mac版は環境設定にあります。 

Stamp01

 スタンプに使える画像は、JPEG、PNG、TIFFの3種類です。またスタンプの管理画面から書き出したスタンプファイルも読み込むことができます。

ヒント:オリジナルの画像からスタンプファイルを書き出して配布することもできます。スタンプファイルの拡張子はtsspです。スタンプファイルの配布に制限はありませんが、スタンプの作成、配布やご使用については自己の責任においてご利用ください。

重要:スタンプの利用で生じたトラブルや損害などに関しては一切の責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

 

スタンプを使ったテキスト画面

Stamp02

 

スタンプの挿入や変更をする時は左上のメニューから行います。スタンプを選択してコピペのメニューからスタンプを変更することもできます。

Stamp03

Stamp04

 

スタンプの設定

Stamp05

 

・スタンプ

 スタンプの管理画面で登録したスタンプを選択します。

 

・文字数

 スタンプの高さを文字数で指定します。注:横書きでは文字数が幅になります。

 

・行数

 スタンプの幅を行数で指定します。注:横書きでは行数が高さになります。

 

その他の情報

 1)スタンプにはUUIDを用いて自動でIDが振られます。スタンプは青空文庫の形式にならって以下の形式で記述します。

[#スタンプ(stamp7DBFE57D-911C-4928-8178-091563A2BF65、1行1文字)]

2)テキスト画面でスタンプを検索する時は"㋜"(U+32DC)の文字を使います。

Stamp6

3)スタンプは1文字としてカウントされます。

以上。

 

最終更新日:2022.2.18

Copyright (C) 2018 KAZUYUKI MITSUI.

2021年12月11日 (土)

バグと回避方法のまとめ

縦式で確認されているバグの一覧です。可能な場合は回避方法についても説明しています。並びは新しいもの順です。

※ここに載っていない場合はよくあるご質問(FAQ)もご確認ください。

 

源瑛こぶり明朝フォントが使えない。

訂正(2022.2.6):iOS 15、iPadOS 15、macOS Monterey 12以降に対応した源暎こぶり明朝 Ver 6.1aをお使いください。またインストール前に古いバージョンの源暎こぶり明朝フォントは削除してください。・iOS 15、iPadOS 15、macOS Monterey 12以降でOSがエラーを返すので使用できません。
 追記(2022.1.12):少し古いバージョンの源暎こぶり明朝 v4 TTF Regularは使えます。

 

はんなり明朝やさらら明朝など一部のフォントで文字や縦中横がズレたり、3点リーダーが横向きになる。

・フォントは個々に対応可能なものから修正する予定です。

 

Dropboxでの動作が不安定で使えない。

・解決策が見つかるまでDropboxは非推奨になりました。

 

最初の画面の「最近使った項目」のタブから+をタップして新規にファイルを作成すると縦式フォルダが複数作成される。

・「ブラウズ」のタブから任意のフォルダ内で新規にファイルを作成すると回避できます。

 

Google Drive、OneDriveで新規作成ができない。

・解決方法はまだ見つかっていません。

 

稀に最初の画面でファイルが待機中のままになってしまう。

・縦式またはiPhone、iPadを再起動してください。改善しない場合は各クラウドのサポートへお問い合わせください。

 

稀に最初の画面でファイルをタップしても縦式が固まってしまう。

・縦式を再起動してください。

 

稀にファイルが消えて見つからなくなる。(iOSや縦式のアップデート後、長期間アクセスしていなかった時などに発生したとの報告が稀にあります。)

・他のフォルダやゴミ箱など保存や移動した場所を勘違いしていないか再度ご確認をお願いします。また縦式の設定画面のバックアップファイルにファイルが残っていないかご確認ください。(iOS、iPadOSのみ)バックアップファイルに残っていない場合は復元できません。大切なファイルはバックアップの作成をお願いします。

 

稀に名称変更をするとそのファイルが既に存在する旨のアラートが表示されて名称変更ができない。

・別のフォルダや新しいフォルダを作ってそのフォルダ内でなら名称変更ができます。

 

稀に最初の画面で名称変更するとそのファイルが消えて見つからなくなる。

・縦式の設定画面のバックアップファイルにファイルが残っていないかご確認ください。(iOS、iPadOSのみ)

 

 

最終更新日:2022.7.1

Copyright (C) 2018 KAZUYUKI MITSUI.

2021年10月 1日 (金)

テキスト設定画面

テキスト設定画面の各項目

  編集中のテキストファイルの設定を行います。また、設定値は新規のテキストファイルを作成する時に使用する初期値として保存することができます。

 

編集設定

 テキスト画面で編集する時の各パラメータを指定します。

 

・書き方

 テキストを縦書きにするか、横書きにするかを指定します。

 

・1行文字数

 テキストを編集する時の1行の文字数を指定します。

 

・1ページの行数

 テキストを編集する時の1ページの行数を指定します。

 

・フォント

 テキストを編集する時のフォントを指定します。

ヒント:フォントサイズは1行文字数、1ページの行数と画面サイズから自動で計算します。

 

・行間サイズ

 テキストを編集する時の行間をフォントの大きさに対する比率で指定します。

 

・フィットページ

 1行文字数と1ページの行数で指定したページが画面に収まるように表示します。

ヒント:ページが小さく表示される場合はフィットページをOFFにすると大きく表示できる場合があります。(例:20文字、20行の原稿用紙と同じ設定の場合。)

 

・ページレイアウト

 テキスト画面をPDF出力時と同じレイアウトにして編集する機能です。詳しくはページレイアウトについてのヘルプページでご確認ください。

 

見出し

 見出しのフォントを設定します。

 

・本文と同じフォントを使う

 見出しのフォントをテキストを編集する時のフォントと同じにします。

 

・大見出し

 大見出しのフォントを指定します。

 

・中見出し

 中見出しのフォントを指定します。

 

・小見出し

 小見出しのフォントを指定します。

 

キーボード(縦書き用)

ソフトウェアキーボード設定

 キーボードを使用する時の各パラメータを指定します。

 

・縦方向にもスクロールを許可する。

 文字数を調整しない場合は、縦方向にスクロールできるようになります。

 

・表示中は1行文字数を調整する

 キーボードを使用する時の1行文字数を調整する場合はONにします。

 

・調整時の1行文字数

 キーボードを使用する時の1行文字数を指定します。

 

・表示中は1ページの行数を調整する

 キーボードを使用する時の1ページの行数を調整する場合はONにします。

 

・調整時の行数

 キーボードを使用する時の1ページの行数を指定します。

 

表示設定

 テキスト画面で表示する時の各パラメータを指定します。

 

・文字数を表示

 テキスト画面に文字数を表示します。

 

・行情報を表示

 テキスト画面に行情報の行数(番号)やセンター寄せ(セ)、見出し(大中小)、改ページ(頁丁段)、挿絵(絵)を表示します。

 

・ページ数を表示

 テキスト画面にページ数を表示します。

 

・マス目を表示

 テキスト画面にマス目を表示します。

 

・マス目の種類

 テキスト画面にマス目を表示する時の種類を指定します。

 

禁則設定

 禁則設定の各パラメータを指定します。

 

・禁則処理

 禁則処理を行う時はONにします。

 

・句読点のぶら下がり

 句読点のぶら下がりを行う時はONにします。

 

・句読点

 句読点に使う文字を並べて指定します。

ヒント:句読点のぶら下がりは行頭禁則には対応していません。行末で句読点に指定した文字が連続した時は、最初の文字がぶら下がりに使われます。

 

最終更新日:2021.10.1

Copyright (C) 2018 KAZUYUKI MITSUI.

2020年11月28日 (土)

印刷所に入稿した時にエラーになった内容のまとめ

各印刷所様の一覧は敬称略、アイウエオ順です。

 

しまや出版

・iPhoneから送付時に失敗。Macから圧縮して送付に成功。
環境条件:iOS 13.4.1

 

STARBOOKS

・ヒラギノ明朝フォント、iOS 14以降で作成した縦式のPDFが印刷機でエラーになる。原因は調査中。原因は不明です。

 

大陽出版株式会社

・縦式で作るPDFがQuartzPDF(iOSの機能)のためオブジェクトや文字が消えるトラブルが起きる可能性があるとの報告がありました。

 

現在確認中の問題【プリントキング、PICO(プリンティングイン株式会社)】:

・見出しや本文に太字を使うと太字に指定した文字と同じ本文内の文字が太く印刷されるとの報告がありました。紙に印刷した時に発生する問題なので、太字を使う場合は印刷所に紙の印刷結果の確認をしてもらうようにしてください。

 

※縦式で作成したPDFを印刷所に入稿した時にエラーになった情報を募集中です。エラーになったご経験のある方は、マシュマロかメールで詳細を教えて頂けると助かります。ご協力をお願いいたします。なお、できればご報告時にはOSのバージョン、本文に使用したフォント名、エラーの回避方法などもお知らせください。よろしくお願いいたします。

 

最終更新日:2023.5.3

Copyright (C) 2018 KAZUYUKI MITSUI.

2020年11月12日 (木)

擬似小口染めについて

はじめに

 縦式の擬似小口染めはRGBカラーになります。ICCプロファイルはAdobeRGB1998を使用しています。一般的に印刷時はRGBカラーがCMYKカラーに変換されるため印刷時の色味の保証はしておりません。擬似小口染めは、v3.1.3以降から対応しています。

 

擬似小口染め設定

 擬似小口染めは、出力設定画面のヘッダー、フッター設定から行います。

Img_0215

 

・擬似小口染めを使う

 擬似小口染めを使うにはONにします。

 

・擬似小口染めのサイズ

 擬似小口染めのサイズを指定します。

ヒント:塗り足しのサイズは用紙設定から行なってください。擬似小口染めのサイズと塗り足しのサイズを使って擬似小口染めを行います。

 

・擬似小口染め

 擬似小口染めの詳細を設定します。

 

擬似小口染めのサンプルページ画像

Img_0217

 

Img_0216

 

・擬似小口染めカラー

 擬似小口染めカラーの詳細を設定します。

 

・内側の角を丸くする

 内側の角を丸くするにはONにします。

 

・ページ範囲

 ページ範囲を指定するにはONにします。ページ範囲を指定しないと全ページが擬似小口染めの対象になります。

 

・開始ページ番号

 擬似小口染めを行うページの範囲を指定します。

 

・終了ページ番号

 擬似小口染めを行うページの範囲を指定します。

 

・センター寄せページにも表示

 擬似小口染めをセンター寄せページにも表示する時はONにします。

 

・白紙ページにも表示

 擬似小口染めを白紙ページにも表示する時はONにします。

 

Img_0218

 

・擬似小口染めカラー

 現在の擬似小口染めカラーを表示します。タップまたは右上の編集ボタンからカラーの編集を行います。

 

・最近使用したカラー

 最近使用した擬似小口染めカラーを表示します。タップして擬似小口染めカラーに使うことができます。

 

・擬似小口染めカラー一覧

 擬似小口染めに使えるカラーの一覧を表示します。タップして擬似小口染めカラーに使うことができます。

 

最終更新日:2020.11.23

Copyright (C) 2018 KAZUYUKI MITSUI.

2020年10月28日 (水)

飾り枠について

はじめに

 飾り枠は、ヘッダー、フッターに配置できる画像です。飾り枠をページの四隅に配置するには左上の飾り枠の画像を用意してください。左下、右上、右下については左上の画像から自動作成します。またヘッダー、フッター以外にも挿絵やワンポイントの画像として任意のページに配置することもできます。飾り枠は、v3.1.2以降から対応しています。

 

飾り枠の画像管理

 飾り枠の画像の登録、管理は、出力設定画面の左上のメニューにある「飾り枠の画像管理」から行います。

Img_0210

 飾り枠に使える画像は、JPEG、PNG、TIFFの3種類です。

Img_0212

 

登録した飾り枠を配置したページ画像

Img_0209

 

飾り枠の設定

 飾り枠の画像を登録すると、飾り枠を設定してヘッダー、フッターに配置できるようになります。飾り枠の設定は出力設定画面のヘッダー、フッター設定から行います。

Img_0213

 

・飾り枠の幅

 飾り枠の幅を指定します。

 

・飾り枠の高さ

 飾り枠の高さを指定します。

 

・垂直方向に反転

 飾り枠の画像を垂直方向に反転します。

 

・水平方向に反転

 飾り枠の画像を水平方向に反転します。

 

・種類

 飾り枠がヘッダー用か、フッター用かを指定します。

 

・表示する角の位置

 飾り枠を表示する角の位置を指定します。

 

・表示するページ

 飾り枠を表示するページを指定します。

 

・開始ページ番号

 飾り枠を表示するページの範囲を指定します。

 

・終了ページ番号

 飾り枠を表示するページの範囲を指定します。

 

・縦方向の位置調整

 飾り枠の縦方向の位置調整を調整します。

 

・横方向の位置調整

 飾り枠の横方向の位置調整を調整します。

ヒント:位置調整は「種類」や「表示する角の位置」、「表示するページ」で指定した配置からの調整です。位置調整は左上の画像を基準にして他の画像はその相対位置になります。また塗り足し位置に配置するには塗り足しと同じぶんだけ負の値に設定します。

 

・センター寄せページにも表示

 飾り枠をセンター寄せページにも表示する時はONにします。

 

・白紙ページにも表示

 飾り枠を白紙ページにも表示する時はONにします。

 

飾り枠を挿絵やワンポイントに使う

 飾り枠の画像を挿絵やワンポイントに使うには、「種類」や「表示する角の位置」、「表示するページ」を指定して配置するページを決めます。例えば「種類」をヘッダー、「表示する角の位置」を小口側、「表示するページ」を範囲にしてページ番号を指定すると、そのページ番号のページのヘッダー位置の小口側に画像が配置されます。あとは画像のサイズや位置調整を行なってレイアウトを決めてください。

 

飾り枠の画像のカラープロファイルについて

 飾り枠の画像をPDFに埋め込む時は、その画像のカラープロファイルが使われます。画像がCMYKカラーならPDFに埋め込んだ画像もCMYKカラーになります。JPEGやPNG画像として出力する時はsRGBの画像として処理されます。

 

最終更新日:2020.11.3

Copyright (C) 2018 KAZUYUKI MITSUI.

2020年8月31日 (月)

ツイッターへの画像投稿について

はじめに

 縦式はテキスト画面で作成した文章を出力設定画面からA5サイズの2段組やA6サイズの文庫本の用紙を使って、画像としてツイッターへ投稿することができます。

 

画像投稿

 ツイッターの画像投稿は画像枚数が4枚までの制限があります。縦式で作成する画像を最大で4枚になるように、出力設定画面の画像設定の「最大画像枚数」を4に設定してください。また、画像設定ではテキストの色や背景の色を変更できます。

 

画像の解像度

 投稿時の画像の解像度は350dpiか、160dpiをお使いください。とくにA5サイズなどで画像サイズが大きすぎる時は160dpiにするとサイズが小さくなります。

 

飾り線(App 内課金)

 画像作成時に飾り線を使うことができます。飾り線は画像の上端と下端に付けることができます。

Decorativelinesample

 

最終更新日:2020.8.31

Copyright (C) 2018 KAZUYUKI MITSUI.

その他のカテゴリー